不二家憩希のブログ

はてなブログに引っ越してきました。

大寒。

 今日は大寒である。

 あぁ、嫌な響きである。

 「大いに寒い」

 まさにその通りの展開となっている。

 最低気温は氷点下1℃だった。

 それに加えて当地迷物の大風も吹いている。

 この大風により体感温度はマイナス5℃の効果がある。

 7℃の気温があったとしても、体感は2℃になってしまう。

 本当に余計な大風である。

 この低温は明日まで続くと予報が出ている。

 明日は今日よりも低温のようだ。

 手加減無しの冷え込みである。

 2月3日までの寒中期間中は、我慢大会、忍耐訓練の期間である。

 あぁ、鍛えられて嬉しいなぁ(笑)

暦通りの冷え込み。

 今日も気温は低い。

 今は寒中である。

 期間は立春の2月4日までである。

 暦は当たっているなぁ。

 異常気象と言われることが多い近年ではあるが、この寒中の時期については、例年暦通りとなっている。

 外れることはほぼ無い。

 私は毎年ボヤいているので記憶にもよく残っている。

 ここ20年ほどは、寒中はきっちり寒い。

 暖かったことは無い。

 地球は暦を見て気候を運行しているのか?と思えてくる。

 寒が開けるまで、あと2週間である。

 忍耐の日々である。

 

 

 

今年は新型コロナ関連の批判は控えます。

  私は昨年の多くの時間を新型コロナウィルスとそのワクチンについて、各所に記述してきた。

 それらの多くは批判であった。

 私は本来、批判活動は良しとしない。

 だが、そうした私の志向性に反してでも批判しなければならない、という心情が私に働き突き動かしたのだった。

 さて、今年はどうするのか?

 今年は批判活動は控えるつもりである。

 自分の信条に反することはしたくないからである。

 加えて、状況は批判をしても追いつかないほど切迫している。

 もう手遅れなのである。

 匙を投げている。

 今後は大きな潮流が流れるさまを、ただ眺めることにする。

 自業自得、因果応報の力を見させて頂くことになるであろう。

 私は静観し時折感想を述べるだけに留めておこうと考えている。