不二家憩希のブログ

はてなブログに引っ越してきました。

悪人はむしろ善人に見える。

 今は悪の特別活動期間である。

 そのため、これまでならありえないようなことが普通の出来事として起こる。

 多くの人が、それは普通のこととして受け止めている。

 教養があるとされる人、世のリーダーとされる人も同様である。

 異様さに気がついていない。

 悪が悪と認められるということは、その悪はまだ程度は弱い。

 本当の悪は、皆に悪とは認識されない。

 逆に善だと見做されるものもある。

 人に例えると、「本当の悪人は悪人には見えず、むしろ善人に見える」といったところであろうか。

 今は、悪の特別活動期間である。

 悪は悪に見えないことが多い。

 「善だ」「目出度い」とすら思われている。

 当ブログの読者の皆様だけでも注意して、世を見ていていただきたい。

 

 

全国的な強風

 今日は風が強い。

 当地は年中大風が吹く土地である。

 暦では立春を過ぎたが、まだ2月でもある。

 冬である。

 冬の陽気に大風が加わると冷え込みは強くなる。

 大風は体感温度をマイナス5℃にするので、気温が10℃でも、体感温度は5℃になる。

 今日は、そんな日である。

 だが、この強風は当地だけではないようだ。

 全国的に強風らしい。

 東京渋谷の道玄坂では、本日午前9時半過ぎに鉄製の街路灯が強風により倒れたそうだ。

 東京都心の瞬間最大風速は26.2メートルを記録した。

 かなりの強風である。

 この強風は当地だけではないのか。

 まぁ全国的なら仕方ないな。

 本日は日本列島は強風の日なのだろう。

 晴天で雨が降っていないだけでも有り難いと思わないといけないようだ。

 

 

 

 

沈黙の研究所

 教派神道の教会に行ってきた。

 先日判明した近所に住む幼馴染が新型コロナワクチン非接種者、ということをお話した。

 私の話を受けて教会長先生が、こう語った。

「私の息子の嫁が薬琉徒で働いているのですが、嫁の友人の薬琉徒の研究所の人から『このワクチンは絶対に打っては駄目だからね』と強く言われていたんです。研究所の研究員、職員は全員打っていないそうです。わかっている人はわかっていて、打っていないみたいですね。でも、それを黙っているんです」

 おぉ、薬琉徒は、そうなんですね!

 野球の球団の方はわからないが、少なくとも研究所では、打たないことで一致しているそうだ。

 「この教会のご近所の二人の奥さんも打っていないそうです。打っていなくても黙っているんです」

 あぁ、そうだよなあ。

 ペラペラ喋って波風立てるよりも黙っていたほうが賢明かもしれない。

 教えたところで狂人扱いされるのであれば、割に合わない。

 沈黙は金のようだ。